確実に月1~2万の副収入を得るならブログよりこっちが堅実です。

副収入は得たい!でも誰かに何かを紹介したりとかそういうのは苦手…。

こんな風に考えている人ってすごく沢山いるんじゃないかと思います。
私もそうでした。というか今もそうです。

今はブログで収益化を、という目標を掲げているので最近はあまり積極的にやってはいませんが…

今回の記事では、私が最も堅実に収益を上げることができたと実感した方法をご紹介したいと思います。

大きな額でなくても良いから毎月安定した副収入を得たい、と思っている方は是非目を通して頂ければと思います。

こんにちわ。
GOROです。

今回のテーマは

『最も堅実に収益を上げることができたと実感した副業』

についてです。

実は私、ブログを開設したのは令和3年2月からなんですが…

実は昨年の10月あたりから、ブログ開設のためのウォーミングアップとしてある副業を行なっていました。

GORO

文章を書く練習が出来て、しかも収益にも繋げられるので今でも時間に余裕がある時は今でもチョコチョコやっています。

この副業を行う場合、何かしらの専門知識を持っていればそれを生かして収益UPに繋げる事も出来ますし、特に専門知識が無くてもある程度の収益性は確保することができます。

唯一求められる資質とするならば

『文章を書くのが苦痛じゃないヒト』

あたりでしょうか。

そろそろ何となく予想がついた人もいるんじゃないかと思いますが…

その副業は『ライティング』です。

この記事では

『ライティングで堅実に月数万円の収益を得るコツ』

をお伝えしたいと思います。

目次

ライティングって簡単に稼げるの?

皆さんが一番知りたいポイントはここですよね。

結論とすれば、

10万以上稼ごうと思ったら相応のライティング技術が必要だが
月に数万程度ならそこまでライティング技術が無くても可能

と言っていいと思います。

納得して頂くには証拠を見せるのが一番だと思いますのでこちらをご覧ください。

ちょっと細かくて見えにくいんですが…

こちらはクラウドソーシング「ランサーズ」での実際の収益(2020年10月31日~12月14日)です。

だいたい1か月半くらいで約45,000円強の収益になっているのが確認できると思います。

執筆時間は自分の場合…基本的に平日の夜に1~2時間程度、休日に3~4時間程度を目安に行なっていました。
もちろん執筆しない日もあるので、時給換算にすると1000~1500円程度でしょうか。

めちゃめちゃ高いかと言われるとそんなことはないですが…副業レベルとしたらまずまずの収益だと思います。

そして、私のブログやTwitterを見たことがある方は分かると思いますが、私のライティング技術はスーパー初心者レベルです。

ただ、自分の場合は理学療法士としての専門性を武器に出来るので、そこはある程度のアドバンテージにはなっています。それを加味した上での収益が1か月半で45000円強

つまり、何かしらの専門性を生かして記事をかけるヒトなら安定してこのくらいの収益に繋げられるという事です。
そして、専門性が全くの皆無という方でもやり方を間違わなければ1ヵ月で1~2万の副収入はそこまで苦労せずに達成できます。

そんな再現性の高い副収入獲得の方法は、私の公式LINE登録をしてくれた方に…

…なんて言わないんで安心してください(笑)

大したコツでもないし、この記事ですべてお話します。

まずはクラウドソーシングサービスに登録

『ライティング』で収益を上げようと考えたなら、まずはクラウドソーシングサービスに登録しましょう。

GORO

クラウドソーシングサービスっていうのは、『仕事をして欲しい人』と『仕事をしたい人』を効率よく繋いでくれるサービスです。
『仕事』のマッチングサービスですね。

実力も実績もない普通の人が『私はライターなので仕事をください』と頼み回ったところで、おそらく仕事はもらえないでしょう。

そこで役に立つのがクラウドソーシングサービス。

クラウドワークスには初心者が手軽にチャレンジできる安価な案件から、しっかりとしたライティング技術があれば大きく稼げる案件まで様々なものがあるため、自分の実力に合わせて仕事を選ぶことができます。

クラウドソーシングサービスで受けられる仕事

ちなみにクラウドソーシングサービスはライティングの他にも

  • Web制作
  • デザイン制作
  • 写真や動画の編集
  • 翻訳・通訳
  • 営業・マーケティング

など様々なカテゴリーがあるんですが…

誰でも堅実に収益に繋げるとなるとやはりライティングが無難かな、と。

ただ、ライティング以外にも行えそうなカテゴリーがあるのであれば積極的にチェレンジしてみても良いと思います。

単価だけ見ると他のカテゴリーの仕事の方が高い場合が多いので。

具体的にどのクラウドソーシングサービスを選ぶべき?

クラウドソーシングを提供している会社というのは結構いくつあって、自分もいくつか試してみましたが…

結局、規模の大きい大手が安定して仕事をもらえる

という結論に達したので

クラウドワークス

ランサーズ

現在はこの2つのみを使用しています。

規模としてはクラウドワークスの方が大きくて、全体の仕事量も倍くらいあるハズなんですが、自分の場合はランサーズの方がスムーズに仕事を獲得できています。相性とかもあるかもしれませんね。

ガチでライティングで稼いでいくという事であれば上記2つを軸として、サブにいくつか登録しているという方も多いらしいんで、自分も他に4つほど登録していますが…結局管理とかが面倒になって今は使っていません。

GORO

1つか2つのサイトに絞った方が実績を積み上げやすいので、結果として案件を獲得しやすくなります。

確実に収益を上げるためのコツ

段階を踏んでいけば、誰でもクラウドソーシングサービスで利益を上げる事は難しくありません。

ただ、ブログ程とは言わないまでも多少の下積み期間は必要なので悪しからず。

ということで私GOROが実践していた方法やコツをお伝えしていきます。

私が一番利益を出しているランサーズを例に説明しますが、基本的にはクラウドワークスをはじめ、他のサービスでも考え方は同じです。

1.まずはプロフィール欄を充実させる

これはSNSとかでも一緒ですよね。いかに自分を他者に知ってもらうかという部分で非常に大きな意味を持ちます。

クラウドソーシングサービスでプロフィールを書く時のポイントは以下の通り。

誠実で納期や時間をしっかり守るという事をアピール

社会人としての基本ですが、この部分を蔑ろにしないというアピールは重要。

本職とWebライター経験をアピール

ライティングで仕事をもらうにしても、その人の本業が何かという部分は依頼者からするとけっこう気になる部分。どうしても知られたくない場合以外は記載しましょう。
Webライター歴は多少盛ってもOK(完全な嘘は駄目です)。全く経験なしというニュアンスの書き方は出来るだけ控えましょう。

Webライティングのこれまでのポートフォリオ(過去の実績みたいなもの)が書けたらベスト

始めてライティングする方は当然実績なんかないんですが、ひとつでも実績が出来た場合は出来るだけアピールしましょう。
仮にショボめの案件だったとしても『2000文字程度の商品紹介レビュー』とか具体的な内容を多少ぼかしながら記載すればOK。

整理された読みやすい構成で、丁寧な言い回しを心掛ける。

結構重要なのが『構成が整理された読みやすいプロフィール』かどうかという点。
読みにくそうなプロフィールはそれだけで離脱される可能性も高いので、間隔なんかも上手く使いながら読みやすさを重視しましょう。

基本的にはこれらがしっかりと押さえられていて、そこに自分の専門性やオリジナリティを盛り込むことができればプロフィールに関しては問題ありません。

一応、書き方の例を載せておきますね。

テンプレート

はじめまして。

〇〇〇と申します。
まず、簡単に自分がランサーズで提供できるサービスについて簡単に説明させてください。

◇---------------

【職種】

・本業は理学療法士(臨床経験〇年以上)
・ライター歴は〇年程度

【過去実績】

・過去、依頼を受けて執筆した記事は200記事以上(外部サイト含め)
※詳細に関してはご依頼者様との契約の都合上記載しておりません。ご了承ください。

【得意とする業務】

・読者目線で興味を持っていただけるようなコラム記事作成
・購買意欲を刺激し『魅力的』だと感じてもらうレビュー記事作成
・その他、多分野のブログ記事作成

【自分の執筆物の主な特徴】

・主に2000~5000文字程度で構成されたものを執筆する機会が多いです。
・難しい表現は控え、読み手が読みやすい文章になるよう心がけています。

【対応することが多い分野】

・医療に関係する分野(疾患の病態やリハビリ等に関してなど)
・介護に関係する分野(介護保険や、介護施設に関わる知識など)
・健康に関する分野(健康法や健康のための豆知識など)
・仕事に関する分野(職業の紹介記事や実情を伝えるコラム記事など)
・心やモチベーションに関する分野(自己啓発や脳科学に関わる記事など)

【執筆ペース・可能な納期】

・3000文字以内であれば週に2記事程度、5000文字前後であれば週に1記事程度を納品可能です。
・上記がベースとなりますが、ご希望があれば柔軟に対応します。

◇---------------

読者の目線、気持ちを意識したライティングを心掛けながらクライアント様のご希望に添えるよう一生懸命頑張らせて頂きます。
お気軽にご連絡ください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

GORO

この例をそのままコピーして、必要な部分だけアレンジしてもらうだけでも十分使えると思います。参考にしてみてください。

2.タスク案件を5件程度こなす

いくらプロフィールがばっちりでも、実績がゼロのライターは中々仕事をもらえません。

そこで最初はタスク案件を5件程度を目安にこなしていきましょう。

タスク案件

簡単なアンケートや文字起こし、ちょっとした体験談など比較的簡単で時間もかからずこなせる案件。報酬は数10円~数100円と安価なものが多いが、空きがあれば自由に取り組み報酬をもらえる。

実際にやってみると、どんなものかすぐ理解できると思います。

報酬額は少ないものが多いですが、こなした件数は実績として残るので、あくまで実績作りと割り切ってこなしましょう。

ただ、中にはタスク案件の中にもたまに1件1000円近い好条件のものもあるので、見つけたらラッキー。

GORO

数時間程度頑張れば、5~10件のタスク案件をこなせると思います。それが終わったらいよいよ本格的にライティングを始めましょう。

3.プロジェクト案件に応募してみる

タスク案件をこなして多少の実績を手に入れたらいよいよプロジェクト案件に着手です。

プロジェクト案件

依頼者が案件応募者の中から依頼する人を決めてオファーを出し、契約するタイプのオーソドックスな依頼形式の案件。

好条件のものだと、文字単価1.5円とか3.0円とかいう案件もあります。
3.0円なら2000文字書いて6000円…めちゃめちゃ収入になるじゃん!とか思いますが、こういった案件は特別な資格を持っていたり、相応のライティングスキル、相応の実績がないと初心者はまず受けられません。

まぐれで受けられたとしても、かなり高いレベルの執筆物を要求される場合が多いので、実力がないと継続的な受注は困難です。

ということで、まず狙っていくのは文字単価0.3~0.6円くらいの案件
このくらいであればそこまでスキルを求められることも少ないし、2000~5000文字程度の案件が多いので1本こなせば1000~2000円程度の収入になります。
これを月に10~15本受注するだけで2万~3万程度の収益になります。

サクサク執筆できるジャンルとしては

  • 漫画のネタバレ&感想
  • ドラマのあらすじ紹介
  • モニター体験の記事
  • 悪質情報商材の辛口レビュー

この辺りは書きやすく、比較的案件の数も多く出ているので手を出しやすいと思います。

やりながらスキルが身についてきたら、少しずつ単価の高い案件にチャレンジしてみましょう。

GORO

ちなみに私の場合は理学療法士としての知識を生かして医療系のコラムブログ記事健康グッズの紹介文作成なんかを行っています。

提案される案件の数自体は多くないですが、実績も30件程度になったので比較的案件をもらいやすくなりました。

ちなみに、文字単価0.15円とか安すぎる案件については全く割に合わないので受注しないようにしましょう。

ちなみに、案件に応募する時のメッセージも結構重要。

こちらも例を示しておくので、自分なりにアレンジしながら活用してください。

テンプレート

○○様

はじめまして。


Webライター歴〇〇年の○○と申します。
普段は○○を中心とした執筆活動を行なっております。

本案件をお見掛けし、是非お手伝いさせて頂きたく連絡させて頂きました。

私はこれまで○○や○○の執筆を行った経験があり、本案件に関しても必ず○○様のご期待に沿える執筆物を提供できると確信しております。

迅速で丁寧な対応を常々心がけておりますので、これまでご依頼いただいたお仕事は全て希望納期より短期間で納品させて頂いています。

また、コミュニケーション面に関しても速いレスポンスときめ細やかな対応について多くのご依頼主様から高い評価を頂いております。

ご依頼いただいた仕事は誠心誠意、丁寧に対応させて頂きます。

ご検討、よろしくお願い致します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

1か月頑張ればほぼ確実に収益になります。

実際私の場合は運よく1か月目から比較的高単価の案件を受注できたので、際者の段階からまずまずの収益になりましたが…

実際は最初の1か月間くらいは思うように案件が取れないと思います。

10~20件応募して1件とかそのくらいで。

ただ、実績の数と比例して案件の取りやすさは確実に上がっていきます。

まじめにやっていれば2か月目にはけっこう案件をとれるようになるはず。

私自身始める前は、大してお金にならなくてもライティングの練習になればいいかなーという気持ちで始めたんですが…思いのほか良い副収入になりました(笑)

ただ、ブログに本腰を入れようとすると中々時間が確保できないので今は全然できていませんが。

今回の記事で載せた2つのテンプレートをうまく活用すればけっこうスムーズに案件を獲得できるんじゃないかと思いますので、安定した副収入を得たいと思っている人は是非試してみてください。

という事で今回はおしまい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ごく一般的な30代の理学療法士。熱しやすく冷めやすいタイプ。令和3年からブログを開始。1年以内の収益化を目指し試行錯誤中。「ブログがオワコンだなんて絶対認めない!」まずは1年、ちゃんとブログを続ける事が目標。

コメント

コメントする

eighteen − 12 =

目次
閉じる